ダイビングと水中写真トップに戻る

« 無線LAN対応Skype電話機 | メイン | 静音パソコンHush ATX + Athlon 64 X2を注文 »

2006年03月11日

車 保険の更新 2006年

私の車の保険は3月が満期なので、今年も保険を更新しました。結局昨年は幸運なことに車の事故もレッカー車の出動もなく、今年は18等級でやっと60% OFFに到達しました。あと2年で最高レベルの20等級を目指したいと思います。

車の保険についてはご存知の方も多いと思いますが、自動車保険には「ダイレクト型」とそうでないものがあって、ダイレクト型はインターネットなどの通信販売でしか見積や申込ができない(電話で相談もできますが、人から説明してもらうことができない)代わりに、保険料が安いのが特徴です。一昨年は「自動車任意保険」、昨年は「自動車保険見積」の記事にあるとおり、私は二年連続で三井ダイレクト利用させていただいていたのですが、今年もまたまた車保険の見積を複数のサイトでやってみることにしました。

今年比較したのは、やはりダイレクト型の車の保険だけに限定しています。三井ダイレクト保険以外にアメリカンホーム・ダイレクトソニー損保アクサダイレクト保険に加えて、最大10社から無料一括見積ができる価格.comでもまとめて比較してみました。

すると、、、一昨年、昨年に続き今年も三井ダイレクト損保が激安でトップを獲得。こんなんで利益出るのかな、と心配になるくらいですが、今年から35歳以上担保の運転者年齢条件が追加されている(事故率が低い=保険料↓)のと、従来の家族限定特約に加えて本人・配偶者限定特約というのができている(親・子供が運転しないので事故率が低い=保険料↓)のが、保険の低価格に好影響を与えているのかもしれません。せっかくなので人身障害を5000万円から1億円にアップし、車の事故の際に弁護士の費用を負担してくれる弁護士費用担保特約を付けてみました。最後に「eサービス特約」で500円割引で締めとしました。
ノンフリート等級 18等級
運転者年齢条件 35歳以上担保
運転者に関する特約 本人・配偶者限定特約
子供年齢条件特約 なし

担保種目 保険金額/特約条項等
賠償 対人賠償 1名につき 無制限
料率クラス 7 
対物賠償 1事故につき 無制限
料率クラス 4 
傷害 搭乗者傷害 1名につき死亡・後遺障害 1,000万円
1名につき医療保険金 部位・症状別払
料率クラス 5 
人身傷害 1名につき   1億円
無保険車傷害特約 1名につき 2億円
自損事故傷害特約 1名につき なし
車両     なし
料率クラス
免責金額(車対車の事故)
免責金額(車対車以外の事故)
車対車免責ゼロ特約
事故付随費用担保特約 1名1事故につき
身の回り品担保特約 1事故につき
ファミリー傷害特約 なし
原付特約 なし

その他特約条項/割増引 他車運転特約、弁護士費用担保特約、前年無事故割引、インターネット契約割引、eサービス特約

保険料 21,550円
(Japanese Only)

投稿者 hiroshiy : 2006年03月11日 13:17

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yasukawa.com/mt2/mt-tb.cgi/280

コメント

投稿者 トヨラー : 2006年09月15日 07:59

私も安さにつられて契約しましたが、大損です。
遠方からの帰りにスーパーの駐車場で、自損事故を起こし、車両保険を請求したところ、1週間目に、事故現場の写真を撮影してくるよう言われ、やむを得ず、往復4時間かけて撮影に行きました。
その後、事故から10日めに保険会社の者が、現場を確認したら、私がぶつかったポールなどが既に撤去されていて、事実が確認できないので、保険は一切払えないと言ってきました。
しかも、払ってほしければ、自分でスーパーの防犯カメラのビデオを調べて、事故した部分をコピーして、提出しろ。と言っています。
個人情報保護の問題もあり、私のような個人には、そのような事は不可能で、今後、裁判になりそうです。

投稿者 hiroshiy [TypeKey Profile Page] : 2006年09月16日 00:20

トヨラーさん、こんばんは。それは大変でしたね。特に自損の場合は、深夜でもできる限りその場で保険会社に連絡するのが原則のようです。証拠がないとやっぱり難しいようですね。

コメントしてください




保存しますか?