ダイビングと水中写真トップに戻る

« マセラティ クアトロポルテAT | メイン | 海外携帯電話 SIMロック Q&A »

2007年11月03日

HTC Advantage X7501 (HTC Athena)レビュー

携帯ばっかり買っている印象をみんなに持たれている私ですが、このサイトでは報告しなかったX02HTを買ったばかりなのに2007年10月25日に発売のHTC Advantage X7501 (HTC Athena)日本語版を発売日に購入してきましたのでレビューします。open接続と呼ばれるPCサイトダイレクトが使えていますので、フルブラウザもPC接続も、ブループラン+パケット定額Biz 税込5,985円で定額になっています。もちろんICS(Internet Connection Sharing; PCに接続したAdvantageを無線モデム兼NATルータとして使用する機能)も標準搭載で、ほぼできないことはない最強携帯と言えるかも知れません。

HTC Advantage X7501はX7500の後継機で、X7500がWindows Mobile 5 for Pocket PC搭載だったのですが、そのOSを最新のWindows Mobile 6 Professional(Crossbow)にアップデートしたもので、GSM・3G(W-CDMA)・WiFi(無線LAN)・GPS・もちろんBluetoothと所謂全部入りの端末で、SIMフリーでHTCニッポンより販売されています。現時点での価格は119,800円くらいとほとんどPC並の価格ですが、短時間の移動中などはこの端末だけで電話としてもメール端末としてもWeb端末としても、比較的十分な機能がありノートパソコンの持ち歩きの必要性がかなり減少しました。私の生活パターンだと、外出中のメールはほとんどこれで事足り、休日は外出先でちょっとした調べ物をする時にもPCのサイトがあまり苦もなく見られるので、かなり重量級ではありますがいつも忘れずヘッドセットとともに持ち歩いています。

x7501_prd.jpgHTC Advantage X7501のレビューということでまずは電話機能だと思いますが、この機種はNokiaのE90 Communicatorのように耳に当てて普通に電話することはできません。本体のみではスピーカーフォン機能を使って電話することはできますが、周りの人に会話が丸聞こえになってしまいます。通常は、小型のBluetoothヘッドセットを一緒に持ち運ぶのだと思います。スピーカフォンとしての性能は一級で、ちょっとした電話会議には十分使えますし、音量も大きいです。電話帳のメモリ機能はWindows Mobile携帯では「連絡先」というアプリケーションを使うのですが、Today画面(待ち受け画面)からいきなり読みを入力開始すれば、すぐインクリメンタルサーチを開始します。読み入力→下矢印キーまたは画面タップで選択→Enterキー二回で電話をすぐにかけられます。読み入力中にプッシュ音が鳴ってしまうのはちょっと、、ですが。

メール機能はWindows Mobile標準で、SMS・MMS・Exchangeサーバーとの同期・POP/IMAP4のメールが使えます。Exchange 2003サーバー以上をメールサーバーに使っている人はExchange Direct Pushで、POPでも5分おきに自動でメールを取りに行くことができますが、この方法だと常時データ通信が接続しっぱなしになってしまい、電池の持ちがかなり悪くなってしまいます。私はMMS LiteでMMSを使用できるようにして、モバセクで随時転送をかけています。これだと、夜間や休日などメールが少ない時にはデータ通信が切断されている状態になるので、HTC Advantage X7501がサスペンドしている時間が長くなり電池の節約になっているようです。私はブループラン+パケット定額Bizですので料金的なメリットはありませんが、ウィルコムの方でWebをあまり使わない方や、旧ボーダフォンの料金プランの方はメール定額がありますので、MMSを使った方が安くなりますね。付属のメールソフトはWindows Mobile標準のOutlook Mobileで、最近X02HTなどに付属しているS!メールなどより圧倒的にサクサク動きます。残念ながら絵文字は使えませんが、この機種買う人は必要ないかも。

Web機能はInternet Explorer MobileとOperaが付属しています。一週間ほど毎日比較的ヘビーに使用した限りでは、Internet Explorer Mobileの方がOperaより安定して動作するようです。Operaは残念ながら時々文字入力中に落ちてしまうことがあります。携帯サイトにInternet ExplorerやOperaでアクセスすることはできませんが、NetFront Browser v3.4 for Pocket PC テクニカルプレビュー版でユーザーエージェントを変更すれば、Yahoo!ケータイや料金サイトにアクセスできます。HSDPA対応なのとCPUが624MHzと高速なためか、PCほどではありませんが、PCサイトのブラウジングは思ったより快適です。HTC Advantage X7501特有の機能として「HTC VueFLO」というのがありますが、これはあまり使えないと思いました。VueFLOは本体を手前に傾けると縦下方へスクロール、向こうに傾けると縦上方へ逆スクロール、左右のスクロールもできるという変な機能なのですが、スクロールしているうちに行きすぎてしまったり、文章を読んでいる最中に勝手にスクロールしたりと、慣れるのが難しく感じます。VueFLOをOFFにすること自体はできないのですが、Internet ExplorerかOperaの「どちらか」で有効にすることができますので、普段使わないブラウザにVueFLOを設定しておけば大丈夫(!?)です。

PCとの同期は、Exchange 2003サーバー以上を使っているなら直接パケット通信でHTC Advantage X7501とExchangeサーバー間でできますので、ほとんど必要ありません。お気に入りのバックアップ程度かな。同期ソフトはActiveSyncというマイクロソフトの付属ソフトを使いますが、マイクロソフトのサイトからも最新版が常にダウンロードできますので安心です。

x7501-01_01.jpg最後に定額データ通信ですが、まずアクセスポイントまたはAPN(Access Point Name)という考え方を理解する必要があります。3Gのデータ通信では、携帯電話はAPNというところにダイヤルアップし、データ接続を実行します。これは、MMSでもWebでもPC接続でも同様です。ソフトバンクを始め各国の多くの3GオペレータはAPNによって課金モデル・サービスを変更しており、例えば日本のNTTドコモは従量制(=パケット代が青天井)のAPNしか公開しておらず、定額になるAPNはその名前すら公開していません。ソフトバンクにはメール(MMS)・携帯Web用のAPN(mailwebservice.vodafone.ne.jp)と、PCサイトダイレクトと呼ばれるXシリーズスマートフォン用の定額APN(open.softbank.ne.jp)と、PC接続用の青天井APN(softbank)の三種の存在が少なくとも知られており、APNにダイヤルアップする際に必要なユーザーIDとパスワードが公開されているのは最後のsoftbankしかありません。また、フルブラウザ搭載の携帯電話で利用できるPCサイトブラウザというサービスがあるのですが、これのAPNがどうなっているのかはまだあまり知られていないようです。

しかし、多くの方の努力により、mailwebservice.vodafone.ne.jpについてはほとんど解析が完了しており、MMSや携帯Webについては、Windows MobileなどのAPN(接続先)やプロキシ(Webアクセスの際に経由するサーバー)、ユーザーエージェント(ブラウザの種類を識別する名前)を自由にカスタマイズできる携帯で完全に定額の運用が可能です。またopen.softbank.ne.jpについては、以前はユーザーID(open)とパスワードがモジュールの解析で知られていましたが、2007年4月1日よりユーザーIDもパスワードも変更されました。その後X01HTやX01NKが発売され、X01HTが最初に起動する初期化モジュールの中からopen.softbank.ne.jpの新ユーザーID(opensoftbank)/パスワードの初期設定を行うソフトが抜き出されたり、X01NKのROMの解析からopensoftbankのパスワードが抽出されたりしています。

以下の手順でHTC Advantage X7501にPCサイトダイレクトの定額アクセスポイントを設定することができますが、一部SPLというROMをアップデートすることとなるため、故障や修理ができなくなるリスクがあります。自信のない方はやらない方がよいでしょう。
  1. まず作業を始める前に、HTC Advantage X7501本体、USBケーブル、PCを用意します。また、本体はActiveSyncですべてのデータをPCにバックアップしておきましょう。この一連の作業を行うと、ハードリセットが入りますので、本体に入っているデータはすべて完全に消去されます。
  2. xda-developersに登録していない方は、PCで登録します(無料)。登録してログインしないと、ファイルをダウンロードできません。ここはボランティアで運営されていますので、もし役に立ったら寄付してあげましょう。
  3. xda-developers: Athena Unlocker Downloadから、Athena Unlockerをダウンロードし、実行します。日本で販売されているHTC Advantage X7501はSIMフリーなので、ここではCID Unlockのみを行います。CID Unlockとは、デバイスのブランドをSuperCIDと呼ばれる「すべてのブランドのROMアップデートを受け入れられる状態」に変更することを意味します。私はWindows Vista BusinessのPCでうまくいきましたが、事前にデバイスを80%以上充電しておくことをお勧めします。私は途中で50%を切ってしまって、一回中断して失敗してしまいました。
  4. xda-developers: Make NEW SoftBank AP settingにある、ConnSBM_ORE2h.zip(HTC Hermes用)とConnSBM_ORE2u.zip(HTC Universal用)を両方ダウンロードします。両方ともPCで解凍後、ActiveSyncまたはSDカードでConnSBM_ORE2hの中身をX7501からアクセスできるようにします。X7501の本体にフォルダを作ってそこにコピーしてもよいですし、SDカード上に置いておいてもよいです。
  5. ConnSBM_ORE2uに入っているWIFIwake.exeを先ほどのファイルに上書きします。ここはreadmeに書かれていませんが、Athenaでパスワードを作成するにはこのようにファイルを組み合わせる必要があります。
  6. HTC Advantage X7501上で、ConnSBM_noproxy.CABを実行します。これでopen接続に必要な基本的な通信設定が作成されます。この時点ではパスワードは空です。
  7. HTC Advantage X7501上で、ORE2cert.cabを実行します。これにより、WIFIwake.exeの証明書がインストールされます。
  8. Out.xmlとWIFIwake.exeを本体の\Windowsディレクトリにコピーし、WIFIwake.exeを実行します。これにより、open接続のパスワードが書き込まれます。
これでInternetという名前のAPN:open.softbank.ne.jpを持つ接続ができました。確認するには、[スタート]-[設定]-[接続]タブ-[接続]-[詳細設定]タブ-[ネットワークの選択]で、[インターネットに自動的に接続するプログラムの接続方法]で[Internet]を選択し、[編集]-[編集]-[次へ]を選択します。ここでアクセスポイント名がopen.softbank.ne.jpになっていることを確認します。[次へ]を選択すると、ユーザー名がopensoftbank、パスワードが空欄ではなく*(アスタリスク)になっていることを確認します。ここを書き換えてしまうと接続できなくなってしまいますので、WIFIwake.exeを再度実行してパスワードを書き込み直す必要があります。ブラウザやPC接続を使用する前に、[スタート]-[設定]-[接続]タブ-[接続]で上に表示されているデフォルトの接続がInternetになっていることを確認しておきましょう。

ポケットに入らない大きさと普通の携帯三台分の重量、本体のみではハンズフリーでしか通話できないHTC Advantage X7501ですが、VGA画面の見やすさやopen接続/ICSによるPC定額接続は大きな魅力です。個人的な希望としては、キーボードはこのままでいいので、200gくらいまで軽く、画面は二つに割れてもいいので三段に折りたためてCommunicatorサイズを目指し、本体のみでの接続ができるようにして欲しいです。強度的に無理かも(笑)。

↓↓↓HTC Advantage X7501の仕様はこちらにあります↓↓↓
CPU Marvell(R) PXA270 624MHz
ATI graphic chip W2284内蔵
搭載OS Microsoft® Windows Mobile® 6 Professional
内蔵メモリ 256MB FLASH ROM、128MB SDRAM、
Microdrive 8GB HDD
サイズ 133.1mm(L)×97.7mm(W)×16mm(T)
重量 350g(電池、キーボード、スタイラス含む)
ディスプレイ 5"COLOR TFT-LCD タッチスクリーン搭載
VGA(480×640)
通信方式 W-CDMA (日本:HSDPA/W-CDMA (800/2100MHz)、
ヨーロッパ:2100MHz、米国:850/1900MHz)
GSM/GPRS/EDGE (850, 900, 1800, 1900MHz)
外部接続 HTC ExtUSB™ (11ピンミニUSB)
(音声入出力/充電兼用)
HTC 16ピン統合ポート
(USB 1.1ホスト/VGAおよびTV出力)
Wi-Fi IEEE 802.11b/g
Bluetooth® 標準規格 Ver. 2.0 準拠
カメラ カメラ:300万画素カラーCMOS Color、オートフォーカス
デジタルズーム:最高8倍
オーディオ イヤホン/マイクロフォンジャック
AGC、AMR/AAC/WAV/WMA/MP3コーデック
バッテリー 充電時間:最大4時間
容量:2200mAh
待受時間:300時間(W-CDMA使用時)
        300時間(GSM使用時)
連続通話時間:4.5時間(W-CDMA使用時)
           5.5時間(GSM使用時)
拡張スロット miniSD™ メモリカード (SDHC対応)
AC アダプタ AC入力:100~240V AC、50/60Hz
DC出力:5V、1A
GPS SirF Starlll with Ephemeris Extension対応
独自機能 HTC VueFLO™

投稿者 hiroshiy : 2007年11月03日 23:11

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yasukawa.com/mt2/mt-tb.cgi/319

コメント

投稿者 ちぇんじ : 2007年11月18日 04:08

さまざまな携帯に関するレビューと日本語化などの情報興味深く拝見させていただいてます。
実は私は今南米に赴任中なのですが、そこでi-mate JAQというスマートフォンが安くで売られています。これはどうもテキサスインスツルメンツのCPUを積んでいるWM5.0なのですがこれでもTreoのように日本語化出来る可能性はあるでしょうか?
この携帯持ってる日本人っていなそうなのでお知恵を借りれればうれしく思います。

投稿者 hiroshiy [TypeKey Profile Page] : 2007年11月25日 19:42

ちぇんじさん、初めまして。南米からとは、、東京とは地球の反対側ではないですか。インターネットとは面白いですね。

http://www.clubimate.com/t-DETAILS_JAQ.aspx
i-mate JAQはこれですね。i-mateは私も大好きなメーカーなのですが、あいにくJAQは日本では使えないので入手していません。またこれはi-mate JASJAR(別名HTC Universal)などとは異なり、HTCではなくInventec製となります。
Expansysという有名な通販サイトでは中国語化・日本語化用ソフトとしてCE Starをバンドルしているくらいですから、おそらく他の機種と同様、Windows Mobile 5.0 Pocket PC Edition搭載のi-mate JAQは問題なく日本語化できるのではないでしょうか?方法としては、HTC TyTNの日本語化を参考になさってください。また、何を試すにも必ずバックアップを取ってから、をお勧めします。

投稿者 x7501興味津々 [TypeKey Profile Page] : 2007年11月28日 12:51

初心者なのですが、x7501に興味津々で、上記記事は大変参考になりました。一つ教えて下さい。
「ブループラン+パケット定額Biz」で使ってみたいのですが、
それには、上記にある「定額データ」のカスタマイズをしなくてはならないのでしょうか。そうだとすると結構単変ですね。初心者の私には。。。。

投稿者 hiroshiy [TypeKey Profile Page] : 2007年11月30日 14:31

x7501興味津々さん、こんにちは。はい、定額で使用するためにはこの記事にあるような設定が必要です。また、この方法も正式に保証された方法ではありませんので、いつかの時点で使えなくなるかもしれません。
auで年末からPC定額データ通信も始まることですし、今後このような海外製のSIMフリースマートフォンにも定額の道が開けるとよいですね。

投稿者 ちぇんじ : 2008年01月12日 12:13

hiroshiy様
2ヶ月もたってからコメントしてすみません。
PCのフルリストアの羽目になり、コメント入れてたのをすっかり忘れてました。
その間にI-Mate Jaq購入しました。(これって日本じゃ使えないんですか?orz.
日本語化成功しました。
やはりASUKAL師のLetJapanNo5とBogojIMEは強力でした。
CPUがZero3に半分のスピードしかないので動画を見るのはつらいですが、私の使い方では十分満足しています。
やはりストレートタイプは使い勝手がいいですね。画面が半分ながら何とか使えます。
値段も新品SIMロックなしでX02HTの半額以下で買えるのですから文句は言えません。
アドバイスありがとうございました

投稿者 台湾大好き : 2008年04月16日 19:40

このサイト見てからX7501がどうしても欲しくなり衝動買いをしてしまいました。SIMフリーと言う事なのでFOMAカードをそのまま使えると勘違いしていました。すると通話はできるのにデーターは出来ないという事がわかり、あわててモペラUの意味も知らずにモペラUに契約変更、すると今度はIモードができないし元の携帯にSIMを返したら通話が出来ない・・またまたあわててキャンセル代を払ってキャンセル・・・と大変でした。
それで今度はX7501専用に「ブループラン+パケット定額Biz」を契約し上記の設定にチャレンジしてみたいと思っています。
結果報告をお楽しみに

投稿者 hiroshiy [TypeKey Profile Page] : 2008年04月18日 23:16

台湾大好きさん、こんにちは。
「ブループラン+パケット定額Biz」は、残念ながら3/31で新規申込受付を終了してしまいました。現在は「パケットし放題」に契約するしかないようです。。

投稿者 台湾大好き : 2008年04月19日 10:27

おはようございます。
レスありがとうございました。
そうなんですか、私はソフトバンクの料金プランはよく分からないんですけど、昨日販売店から電話があり「明日(今日)入荷しますので契約に来て下さい」という事で今から出掛けるところです。
当初SIMカードだけ使うつもりで安い機種を探していましたがカタログ見たら922SHが欲しくなり注文しました。
こうなるとX7501とどっちを使うのか迷ってしまいます。
ところでアホな質問で申し訳ないのですが、「パケットし放題」でも上記のAPNの設定方法は同じなんでしょうか?
とりあえず今日購入し、APN設定のためのROMの書き換えはhiroshiyさんの返事待ち(済みませんm(_ _)m他力本願で)という事にしたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

投稿者 台湾大好き [TypeKey Profile Page] : 2008年05月01日 14:54

Hhiroshiyさんこんにちは
先日HTCの故郷、台湾にX7501持って行ってきました。
バッグに入れたままヘッドセットで快適に使用できました。ホテル内でも携帯用の無線ルーターで、空港内でも中華航空の無線LANで・・といい仕事をしてくれました。
今度は来月セブ(僕もNAUIのイントラです)にも連れて行くつもりで張り切っていました(過去形??)
ところがROMの書き換え失敗・・・で電源が入らなくなってしまい、さんざん考えた末故障理由不明の「メーカー修理」となってしまいました(T_T)
ダイビングで言えば基本も知らずにバックロールでエントリーしたようなものでした。

投稿者 hiroshiy [TypeKey Profile Page] : 2008年05月06日 18:56

台湾大好きさん、こんにちは。台湾に行かれたのですね!私はずいぶん前に一度だけ行ったことがありますが、食べ物がおいしかった記憶がありまた行きたいと思っております。
922SHも購入してしまいました。最近はほとんど922SHですね~不満があるとすれば、922SHはキー入力で抜けが発生するということでしょうか。

>「パケットし放題」でも上記のAPNの設定方法は同じなんでしょうか?

はい、同じはずです。
ROMの書き換えにはお互い注意しましょう。。

コメントしてください




保存しますか?