トップ > ダイビングのログと水中写真 > 沖縄 粟国島 (Aguni Island, Okinawa) 2002/6/15 - 2002/6/17 > 水中写真とビデオ

水中写真とビデオ 沖縄 粟国島

大物回遊魚天国、沖縄本島から60km離れた粟国島。ギンガメアジの大群やイソマグロの群れを見るには、5月と6月がシーズン。
ページ Page12
ギンガメアジ 6/16 ギンガメアジの群れ (Bigeye Trevally) 24mm
#246 フデン崎 (Fudenzaki)
あぐに島名物、ギンガメアジの群れ。日本国内ではこれだけ大きな群れを見られる場所はあぐに島だけだと思う。5月の連休にはサービスもかなり混雑する。ちなみにここでは群れに突っ込んだり音を出したりなどは禁止というルールを作っており、それでギンガメも安心していられるのかも?
サザナミヤッコ 6/16 サザナミヤッコ (Half-circled Angelfish) 24mm
#246 フデン崎 (Fudenzaki)
なかなか近づくことのできないエンジェルフィッシュの仲間。幼魚は見つけることができなかったが、かなりかわいい模様を持っている。この写真は成魚で青のラインがキラキラ輝く。ちなみにフデン崎は「筆ん崎」と書くようだ。ダイバーはフデンをカタカナにすることが多いみたい。
オニハタタテダイ 6/16 オニハタタテダイのペア (Masked Bannerfish) 24mm
#246 フデン崎 (Fudenzaki)
いつもペアで行動するほほえましいオニハタタテダイ。個人的にはシマハタタテダイのほうが好きだが、そちらは数がぐっと少ないようだ。動画にはナポレオンNo.2も。No.1は。。。

[VIDEO]シマハタタテダイ動画(MPEG, 2.3MB)

アカネハナゴイ 6/16 アカネハナゴイ (Peach Fairy Basslet) 24mm
#247 フデン崎 (Fudenzaki)
ワイドレンズでアカネハナゴイのような小さい魚が舞っている様子を撮るのはなかなか難しい。まだまだ練習中。ご覧の通りあまり天候には恵まれなかった。
クマノミ 6/16 クマノミ (Clark's Anemonefish) 24mm
#247 フデン崎 (Fudenzaki)
普通のクマノミのペア。24mmレンズなのでこれは魚まで5cm以下の距離で撮影。クマノミはいつもなんとなく見つけると撮影してしまうが、とにかく近づく必要があるにもかかわらずすぐにイソギンチャクの中に入って隠れてしまう(当たり前だが)。いつか空と雲を背景にして撮影してみたい(無理!)。
ページ Page12

水中写真と旅行記


水中撮影器材


戻る