トップ > ダイビングのログと水中写真 > 沖縄 小浜島 (Kohama Island, Okinawa) 2004/11/25 - 2004/11/28 > 水中写真とビデオ 2

水中写真とビデオ 沖縄 小浜島

小浜島も今回で5回目。大物遭遇率も高く、マンタはもちろん今回はバショウカジキにも遭遇。写真はありません、でもうそじゃないよ〜ん。
ページ Page123
イソマグロの群れ 11/26 イソマグロの群れ (Dogtooth Tuna) 24mm MACRO
#367 鹿ノ川中の瀬 (Kanokawa Nakanose)
二本目は、やはり西表島の鹿ノ川湾の少し西へ。鹿ノ川湾は広く、「鹿ノ川中の瀬東」から「落水崎」まで複数のポイントがあるみたい。沖のほうはごらんのとおり砂地で上空をイソマグロなど大物が通過する。
マンタ 11/26 マンタ (Manta Ray) 24mm MACRO
#367 鹿ノ川中の瀬 (Kanokawa Nakanose)
鹿ノ川湾では秋冬にかけてマンタがよく見られる。八重山諸島の中では石垣島の川平湾(カビラ)や小浜島のヨナラ水道などがマンタポイントとして有名だが、実は鹿ノ川は透明度が非常によく、写真を撮るにはベストかも。絶対に追いかけず、同じ位置で移動せずずっと待ち続けるのがうまく撮影するコツ。
マンタ 11/26 マンタ (Manta Ray) 24mm MACRO
#367 鹿ノ川中の瀬 (Kanokawa Nakanose)
かなり寄ってきてくれたがそれでも24mmのレンズではこんな感じ。もう10分くらい同じ場所に居続けるともしかしてスーパーショットが撮れるかも。ちなみにマンタのお腹の下にはコバンザメが。
カスミチョウチョウウオの群れ 11/27 カスミチョウチョウウオの群れ (Pyramid Butterflyfish) 24mm MACRO
#368 落水崎 (Ochimizuzaki)
深いブルーに浮かぶカスミチョウチョウウオは、群れる場所が水深の深い場所のことが多いからかいつも幻想的な雰囲気になる。
サンゴ 11/27 ノコギリダイ (Yellowspot Emperor) 24mm MACRO
#368 落水崎 (Ochimizuzaki)
見渡す限りのキレイなハードコーラルをバックに。
ページ Page123

水中写真と旅行記


水中撮影器材


戻る